2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

↓こちらもドウゾ↓


ごあいさつ (*´v゚*)ゞ



  • 道民の北海道めぐりが中心の
    『のほほんpeco*』は2004年8月開始



  • 人気blogランキングへ
    ↑ブログランキング参加中
    1日1クリックで
    ランキングがup↑↑☆
    よろしくお願いします♪

search



  • peco* WWW

  • 北の道ナビ【距離と時間検索】

NewsRoom 

*オススメ*



  • ★旅の計画はお早めに★

  • ココからお買いもの☆

  • リサーチモニター募集中

募金のページ


  • B081104b
    引き続きコチラ↑で
    よろしくお願いします
    サイドバーが長くなったので募金のページを新設しました★

温泉へ行こう

小樽でお泊り

コチラからのつづきです。


以前当選した「泊まるたび宿泊券」(記事はコチラ)の期限が2月末までで。
遠くへ行きたい気もしつつ冬は道も悪いし・・行くなら定山渓か支笏湖か、どちらにしろ近場で・・と考えた末小樽に決定。
(けど雪がとけたら今年はうんと遠くへ久しぶりに出掛けたいなと考え中。。)

今回宿泊したのは「運河の宿 小樽ふる川」。
http://www.otaru-furukawa.com/
Pict6782
左上の運河沿いに面したホテルです☆

運河沿いに泊まる機会もそれどころか札幌在住だと小樽に泊まる機会も今後そう無いと思うので(前回は旭川に住んでた時でした・・コチラ)運河が見下ろせるお部屋を予約しました^^
Pict6786
お部屋はそれほど広くないツインルームですがカウンターもあって眺め良し^^なオーシャンビュー♪
写り悪いですが夜はこんな感じ。
Pict6790
運河沿いのガス灯がとってもステキなんですが、ホテルとの間に車道があるため風情はあまり味わえず・・近いんだし夜も運河まで行ってみたら良かったかな?(寒かったし外出したい気はまったく起きませんでした・・^^;)


お風呂も大きくはないもののゆったりできました。2Fと1Fで男女別に分かれており1Fへは2Fでエレベーターを降り向かわなくてはならないので脚が悪いとちょっと不便かも?
ベビー連れにも配慮はされていましたが1Fは広さの都合上?ベビーベッドが無くベンチのみだったのでお母さんが朝連れて行くには若干不便かも?
なんていくつか思うところもありましたが少ししょっぱめのお湯はぬるめに設定されているにも関わらずとてもあたたまりました^^


つづく

定山渓でお泊まり

してきました~
今春支給された定額給付金が生活費としてなんとなく消えていってしまうのはつまらないので・・と理由つけ。
9月の5連休(シルバーウィーク)にどこか遠くへとも思ったのですが動くのが遅過ぎて(そして連休だとやたら高かったり)行きたいところには行けなさそう。
なので近場の温泉でちょっと贅沢に過ごそうということに。

訪れたのは定山渓温泉 定山渓第一寶亭留 翠山亭
(☆楽天のお宿紹介ページです☆)
お宿のウェブページ↓
http://www.jyozankei-daiichi.co.jp/jyozankei/

宿泊の決め手は源泉かけ流しの檜内風呂のついたお部屋☆
Pict6315
今年の5月にリニューアルされたお部屋で、お風呂の扉を開けると毎度檜の良い香り~
貸切露天風呂(40分)のプランもありましたが時間にしばられない部屋風呂(しかもかけ流し)も良いわ~^^
あと、個人的には虫がいる季節の露天風呂ってそんなに好きではないのです。気にしながら入るのイヤだし。。なので真冬の雪見露天はだーい好き☆

チェックインはフロント向かい側のこちらで。
Pict6313

案内されたお部屋は和風ベッドルーム。
Pict6314
山側のお部屋だったので窓から見える景色は斜面の緑ばかりでしたがエレベーターを降りてすぐのところに小さいながらもフロアラウンジがありお部屋よりはひらけた景色や眼下の庭園を眺めながら新聞を読んだりお茶が飲めたりしました。(お茶は朝には片付けられていました)

食事の前に大浴場へ・・・
早めのチェックインだったこともあり、それほど脱衣所や洗い場(多くも少なくもない)が混雑しているなどといったことはありませんでした。
お風呂は2種類+水風呂やサウナ、露天風呂。少し段差がキツイように感じましたが元々の施設の関係上仕方ないかも。
夜中に男女のお風呂が入れ替わるとのことでしたが朝はお部屋のシャワーで済ませてしまったので行っていません。
夫が言うには露天風呂は2つあったみたい?気になるな~。次回の課題ということで・・・

日帰り入浴あるそうです。
http://www.jyozankei.com/spa_index.html

夕食。必須アイテムのビールを注文。
Pict6322
食事の一部をご紹介☆照明の関係もあり画像イマイチです。
最初に運ばれてきたお宿自慢のおそばと食前酒、前菜、お刺身。
Pict6325
おそばはランチ営業(11~15時)でも食べられるそうなので気になった方はどうぞ^^
メイン料理は4品の炭火焼き料理から選択できます。
Pict6326
手前が私の選んだ富良野豚スペアリブ、奥に小さく見えるのは夫の選んだまぐろカマ。他に知床地鶏ともう1つ魚系のものがありました。
美味しいのですが個人的な好みとしてはちょっと濃い目の味付けだったかな。
鍋物とご飯が出てきます。
Pict6327
アサリ貝と水菜他のお鍋で具材は自分達で入れるようになっています。アサリのだしでお茶漬けも美味しいですよとのことで試してみました。
あっさりおだしで(アサリとかけているわけじゃナイですけど・・)美味しかったです♪

運ばれるお料理では最後のデザート。桃が熟する前のものを使ったという緑の小さなものがなかなかおもしろかったです。熟する前でも食べると桃の味。当たり前か。
定山渓でお泊まり

朝食は夕食と同じ会場でいただくバイキングスタイル。
内容的には少々寂しげな感じもしましたが、たくさん食べてお腹はいっぱいに^^
Pict6328
おもしろいものではじゃがいもの冷製スープがありました。道外からの方も多く宿泊されていると思うので北海道といえばじゃがいもということで最近置いているホテルは多いのかな?
以前宿泊した小樽のホテルでもあったし・・・(よければコチラで。)
パンとの方が合うのでしょうが、焼いてもらうのが面倒でご飯と食べました。

チェックアウトは11時☆
お世話になりました~♪
Pict6332

定山渓温泉で購入したおみやげはコチラ

昨年12月に宿泊した系列のSpa&Esthetique 翠蝶館も良かったですよ。コチラ

続きを読む "定山渓でお泊まり" »

ニセコグランドホテル

お泊りしてきました。
出入口すぐのところには雛人形が飾られとても華やか。
Pict5806
行くと決まってからチェックしたお宿のウェブページで温泉がタカトシのどぉーだ100泉で紹介されたと知り楽しみでした^^
女性の方は内湯2、こども用?の浅い湯、水風呂、露天2があり、昔ながらの趣ある雰囲気でお風呂上がりは身体がしばらくの間ぽかぽかしていました。ちょっとシュワシュワ系に感じたんだけど・・気のせいかな?
話によると、源泉なのでお湯はとても良いのだそうです

スタッフ日記(どぉーだ100泉について書かれていました)
http://niseko-grand.com/diary/
タカアンドトシのどぉーだ!
http://uhb.jp/program/official/doda/do-da_index.html
マスコットのシロクマがお風呂に入ったステッカーがレジ前に^^
Pict5807
日帰り入浴もやってます★
混浴露天風呂もあるとのこと。女性用湯浴衣はレンタルできるので恥ずかしくないですよ^^・・と言いたいところですが、外国の方が何も隠さず入っていて困ったよと友人談。。
洗い場も多く脱衣所も余裕がありましたがドライヤーが2つしかなかったので特に秋の紅葉時期に混雑していたら大変かもな~・・


お部屋は洋室。
Pict5808
施設自体が古いので換気扇の音がうるさかったり廊下の声が響いたりはしょうがないですが滞在中はそこそこ快適に過ごせました。

お部屋からの景色はイマイチでしたが、朝食会場のスカイラウンジ後志からの眺めは最高~(≧∇≦)わざわざカメラ取りに部屋へいったん戻ってしまいましたよ。
Pict5818
実はここから混浴露天風呂が丸見えです(*^m^)
Pict5817
誰も入っている方がいなかったので撮ってみました。

ラウンジの窓際にも雛人形あり。
Pict5819


旬(とき)の宿・ニセコグランドホテル
http://www.niseko-grand.com/
Pict5822
お世話になりありがとうございました~。


帰る頃にはめちゃめちゃお天気が良くなり、テンション上昇
やっぱり雪とか山とか好きです。
Pict5823
ホテル向かいの水が汲めるところは冬もやってるんですね。
Pict5824
この後はちょっとだけ寄り道して帰ることにしました。
Pict5821

キャンセル

今日は雪まつりへ行こうって言っていたのが雪でキャンセルに。
郵便局へ行く用事があったので出かけついでに散歩をして、スーパーで買い物をしたら帰りすごい雪攻撃にあいました(≧ヘ≦)
Pict5735
そんな雪の中わざわざカメラ取り出して撮ってみてもあんまり雰囲気伝わらないですね。歩道が雪でけもの道状態です。。


ということで雪像の画像が無いため、先月行った温泉の話題でも。
美しが丘のベガロポリスのところにある「極楽湯」。訪れたのは2度目。
Pict5623
大人700円ですが、初回に回数券を購入しているので後数回はお金が無くても行けます。
ただ、車じゃないと行けないな~。笑(バスでも行けます)

館内図。
Pict5624
入れ替え制ではありません。屋外部分は若干違いがありますが男女のお風呂の差はそう無いみたいですね。

電気風呂があるのですが、この日は入った瞬間腰にきました
あまりの違和感にすぐに湯船から出ちゃいましたが痛んでいたのかなぁ。。。
次行く時またチャレンジしてみますがちょっと怖いです

★極楽湯 札幌美しが丘店
http://www.gokurakuyu.ne.jp/
http://www.gokurakuyu.ne.jp/search/0103.html
36号線沿い。
札幌市内にある他の極楽湯(さっぽろ弥生店・さっぽろ手稲店)とは会社が違い、シャンプーやリンスは洗い場に備え付けのものがあります。

また近いうちに行きたいと思います

あぁけど、どこかお泊りも行きたいな~。

露天風呂もありました♪

母とふたりで温泉1泊楽しんできました
お宿は定山渓温泉の「Spa&Esthetique 翠蝶館」。
http://www.jyozankei-daiichi.co.jp/suichokan/index.html
第一寶亭留グループで往復とも大通公園に面した昭和ビル(西5丁目)からの送迎バスを利用。「定山渓第一寶亭留 翠山亭」へ向かう人達と一緒です。


チェックイン後お部屋へ。
今回はアジアンツインというお洒落~なスリッパを脱いで入る和室タイプでありながらベッドで眠れるというお部屋。枕が4種類の異なる素材(そばがら・羽毛など)から選べました。
Pict5555

大きな窓で眺め良好。
しいていえば、このイスの背もたれが木でゴツゴツしていため若干座り難かったです。
Pict5554
他に洋室と和室があるそう。

冷蔵庫にはウェルカムデザートの白ゴマのムースが。
Pict5556
おいしくいただきました^^

お部屋だけではなく館内全体の調度品や照明がアジアンな雰囲気。
お風呂へ向かう途中の通路。
Pict5560
そしてこの時期ならではのクリスマスの飾りつけもふんだんにされていて、とても楽しめました。
Pict5559


お風呂。誰もいないので撮ってみました。
Pict5561
露天。
露天風呂
内湯2、露天1、ミストサウナ1とこぢんまりしていますが少人数でゆったりのんびり楽しむには充分です。
人により好みがあると思いますが全体的にちょい熱めだったかな。。特に、露天はそう感じました。
内湯が2つあるので熱めとぬるめになっていると嬉しいです(って、かけ流しとかだったらそうもいかないんでしょうけど。ここはどうなのかな)。

・・写真は全体的に館内薄暗いのでどうもイマイチですね^^;
(言い訳)


↓こちらから予約できます

定山渓温泉 Spa&Esthetique 翠蝶館


お食事につづく

ドライブ 支笏湖

車を走らせるうちに支笏湖が見えてきました。
少しひとやすみして一枚。
Pict4612
もうちょっと高い場所からの方が良い眺めだと思うのですが、適当な展望所とかが無く残念。
曇りだけど風がなく湖面はとっても穏やかで辺りは静まり返っていました。春本番前のため車が少なくて良い感じです。
そういえばここの駐車場に何台も車が停まっていたのですが誰も乗っていませんでした。どこへ行ったのかな・・・?

この日のメインは温泉。支笏湖すぐの休暇村へ。雑誌に付いていた割引券を使って半額で入浴できました(^^)v
Pict4613
日帰り入浴は親と一緒に何度か来ていましたがいつもそれほど混んでいなくてのんびりできます。
露天はなく内湯1、サウナ1とシンプル。脱衣所にも浴場にも誰もいなかったので1枚撮ってみました。初めてかも。。
入ってしばらくしてお客さんが来ちゃってのんびり気分もぶち壊し。残念でした・・・しかもその方、常連さんなのか普段よりもぬるいと言い施設の方に熱くしてもらっていました。長く入りたかったので少しぬるめでも良かったのですが・・よけいなことをっ!(笑)

割引券の付いていた雑誌は『HO(ほ)』という財界さっぽろ発行の隔月刊誌で半額クーポンの他無料パスポートもついていたりして・・もちろん温泉以外の情報もあり、(今回は食堂めしの特集でした)もっとたくさんあちこち出掛けよう!と思わせてくれる本です。
http://www.toho-ho.jp/

ガソリンが寂しくなったので帰りは千歳回りで。ポロコに載っていたカフェが近くにあったはず・・てことで見つけて一服。
Pict4614
14時半~のケーキセット。紅茶はポットなのでのんびり楽しめます。ケーキは数種類あり、4種のチーズのスフレケーキにしました。
Pict4616
お昼しっかり食べたはずなのになぜか夫はがっつりハンバーグ食べてました(^^;)一口もらいましたが、ミディアムレアのしっかりとした味わい・・おいしかったです。次回は是非お食事も来ましょう。

★Cafe Dande Lion(カフェ ダンデライオン)
 千歳市勇舞6-7-2
080316
岩盤浴も併設されていました。セットで行くのも良いですね~^^
今度千歳の友達誘って行こうかな。
http://www.iyashiya-chitose.com/

温泉 しらかば温泉湯

苫小牧滞在中にしばらく前(2005.11頃?)にオープンしたしらかば温泉湯へ母と行ってきました。
Pict4563
パチンコ屋さんと建物が一緒と聞いていたのでどうかな~?と思ったのですが、店内を通らず直接2Fの温泉までエレベーターもしくは階段で行けるので悪くはありませんでした。
入浴料は大人600円でシューズボックスと脱衣所のロッカーは100円返却式のコインロッカーになっています。
お風呂は和風と洋風2種類の男女が入れ替え式。この日女性は洋風でしたが和風な趣の檜風呂もありました。他に湯船2、ジャグジー1、寝湯、座湯、サウナ2(高温、ミスト)、水風呂、露天1などがありました。露天は源泉ということでにごった色、他は加水のためだいぶ色は薄いもののカランも含めつるつると温泉!という雰囲気が味わえました。特に塩素がきついとも感じなかったので満足。(過去のブログ検索するとけっこう塩素くさいという意見もチラホラあったんですが・・私は感じませんでした。)
洗い場は狭くもなく広くもなく。相変わらず場所取り多数(躊躇なくどけちゃいますがね~)。シャンプー、リンス、ボディソープは備え付けあり。
岩盤浴(別料金)もあったので、次回帰省の際は友達誘ってまた行ってみたいです。

温泉 北村温泉ホテル

久しぶりの日帰り温泉~♪
ふたりでは本当にいつ以来?と考え込むほどでした。
今回訪れたのは北村温泉ホテル。昔々に”北村の四つ子ちゃん”とかいませんでした??そんな記憶がある街、北村も2006年3月に岩見沢市と合併・消滅しました。。
札幌からだといろいろ行き方がありますが、今回は12号線を幌向から折れる感じで。
温泉 北村温泉ホテル
入浴料は500円ですが今回は1,150円のお食事付きのパックにしました。画像の食事も含めた4種類の日替わりのお食事が単品だと1,050円と100円しか違いません。しかもたーっぷりの量で入浴前からお腹いっぱいです。ネット情報によるとラーメンもおいしいみたい?気になります。外からの出入り口もあったのでお食事のみの利用も可能だと思います。

お風呂は露天2、内湯4くらい(あつめ、ぬるめ、水風呂、ジャグジー)、サウナ、洗い場そこそこ多めでかけ流しとのこと。塩素臭くなく快適。
駐車場はほぼ車で埋まっていましたが、それほど広大でもないので温泉も大混雑というほどではなく洗い場や脱衣所も含めイモアライにならずにすみました。時間帯や季節によりどうなるかわかりませんがまた訪れてみたい施設です^^♪

★やすらぎの湯 北村温泉ホテル
 岩見沢市北村赤川156-7
080211
詳細はこちらでご確認を。
http://www.kitamuraonsen.jp/
北村の四つ子ちゃんを検索していたら興味深い記事を見つけました。四つ子ちゃんと温泉は同い年のようです。
http://www.ontona.com/kurasi/area/060802/top.htm

宿泊 アートホテルズ札幌

引越し荷物は次の日の搬入になり、一晩アートホテルズ札幌に宿泊。決め手はやっぱり温泉付きですね~^^
お部屋は広くてゆったりできます。
Pict4212
喫煙ルームを選択したからか高層ホテルに関わらず低め(9Fだったような~)になってしまったのがちょい残念でしたが。。ま、フツーのホテルなら9Fでも充分景観良いですよね★

夕食はかつて何度か連れて行ってもらったお店へ久しぶりに行きました。
Pict4214
相変わらずこじゃれててなんだか懐かしくておいしかったです。
★酒と肴 ぐー
 札幌市中央区南6条西3丁目 A1ビル2F

前は少し違う名前?だった気がするけど・・ま、いいか。

朝食はバイキング。
朝食
味は・・いたってフツー。
なので部屋とか大浴場などが良いことを考えるとちょっと残念。
こっちの方がおいしかったなー。

風呂あがりは・・

コーヒーぎうにうでしょ☆
風呂あがりは・・
なぁんて・・・私はいつもお茶ですが・・・
Pict4054
というわけで、花神楽へ日帰り入浴に行ってきました~。
真っ昼間だったんで駐車場にはそれほど車はいなかったものの、館内はたくさんいましたよ。お盆のせいかこどもがいつもよりも特にたくさんいて、走り回っていました。
こういうところで走ったりされるのはたいして気にはならないけれど、階段をひとりで下りようとしている小さいこども(1歳くらいか?)がいて、ハラハラしてしまいました。何かあったら激怒するんだろうから親はちゃんと目を配ってて欲しいです。

ところで。生茶の動物園ラベル(前回はコチラ)、ここでも見かけました。今回はキリンの絵柄が登場。イラストもマリモちゃんに似てかわいらしい感じです。
Pict4055
園内限定ではなかったようです。他にはどこで売っているのかな?

より以前の記事一覧

ポイントサイト


  • 陸マイラー始めるなら ECナビ

  • Gポイント

Weather



無料ブログはココログ